▲TOPへ戻る
サービスの種類と費用

介護保険施設で受けるサービス


「施設サービス」は、介護保険施設に入所して受けるサービスです。
介護保険施設は、どのような介護が必要かによって、4つのタイプにわかれています。
入所を希望するときは、施設に直接申し込みます。

※要支援の方は施設サービスは利用できません。

※施設サービスの費用は、要介護度や施設の体制、部屋のタイプによって異なります。  

※居住費、食費、日常生活費が別途負担となります。(低所得の方は負担軽減制度があります。)


生活介護が中心の施設

要介護3~5介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

【 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)のご案内 】

常に介護が必要で自宅での介護が困難な方のための施設です。食事・入浴・排せつなどの日常生活の介護が中心の施設です。
対象の方:原則として要介護3以上の認定を受けた方

(1日につき)
要介護
区分
個室(従来型) 個室(ユニット型) 多床室
サービス費 利用者負担額
(1割)
サービス費 利用者負担額
(1割)
サービス費 利用者負担額
(1割)
要介護1 6,093 円 610 円 6,954 円 696 円 6,093 円 610 円
要介護2 6,834 円 684 円 7,684 円 769 円 6,834 円 684 円
要介護3 7,597 円 760 円 8,480 円 848 円 7,597 円 760 円
要介護4 8,338 円 834 円 9,221 円 923 円 8,338 円 834 円
要介護5 9,068 円 907 円 9,951 円 996 円 9,068 円 907 円

要介護3~5地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護地域密着型サービス

入所定員29名以下の小規模な介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所し、日常生活上の支援や介護が受けられます。
対象の方:原則として要介護3以上の認定を受けた方


ユニット型個室(共用スペースを併設し、完全に仕切られている個室)

ユニット型個室的多床室(共用スペースを併設し、壁と天井に隙間のある個室)

従来型個室(共用スペースを併設しない個室)

多床室(共用スペースを併設しない相部屋)




介護やリハビリが中心の施設

要介護1~5介護老人保健施設

病状の安定している方が、リハビリテーションに重点をおいた介護を受けながら、家庭への復帰を目指すための施設です。

(1日につき)
要介護
区分
個室(従来型) 個室(ユニット型) 多床室
サービス費 利用者負担額
(1割)
サービス費 利用者負担額
(1割)
サービス費 利用者負担額
(1割)
要介護1 7,640 円 764 円 8,512 円 852 円 8,447 円 845 円
要介護2 8,131 円 814 円 9,003 円 901 円 8,970 円 897 円
要介護3 8,807 円 881 円 9,679 円 968 円 9,635 円 964 円
要介護4 9,374 円 938 円 10,256 円 1,026 円 10,191 円 1,020 円
要介護5 9,929 円 993 円 10,823 円 1,083 円 10,780 円 1,078 円



病院での療養が中心の施設

要介護1~5介護療養型医療施設

性期の治療後に、長期療養が必要な方の施設です。医学的管理のもとで、介護、看護、リハビリテーションなどが受けられる医療が中心の施設です。

(1日につき)
   
要介護区分 多 床 室
サービス費 利用者負担額(1割)
要介護1 8,164 円 817 円
要介護2 9,297 円 930 円
要介護3 11,739 円 1,174 円
要介護4 12,785 円 1,279 円
要介護5 13,712 円 1,372 円

※葛飾区に、このサービスの提供事業所はありません(令和2年4月現在)。




医療の必要な方への長期療養・生活施設

要介護1~5介護医療院

生活の場としての機能もそなえた施設で、長期の療養を必要とする人に、医療と日常生活上の介護を一体的に行います。

(1日につき)
   
要介護区分 多 床 室
サービス費 利用者負担額(1割)
要介護1 8,807 円 881 円
要介護2 9,984 円 999 円
要介護3 12,545 円 1,255 円
要介護4 13,625 円 1,363 円
要介護5 14,606 円 1,461 円

※葛飾区に、このサービスの提供事業所はありません(令和2年4月現在)。