▲TOPへ戻る
しくみと加入者

住み慣れた地域でいつまでも 元気に


介護保険は葛飾区が運営し、40歳以上の方が加入します。
高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)が中核となって、高齢者の暮らしを地域ぐるみで支える制度です。


要支援・要介護の認定を受けている方・要支援相当として事業対象者の判定を受けている方には、あなたの利用者負担の割合(1割~3割)を記載した「介護保険負担割合証」を送付します。介護保険・介護予防サービス及び介護予防・日常生活支援総合事業をご利用になる際は、必ず介護保険被保険者証と一緒に事業者等へ提示してください。


しくみと加入者 図1


「高齢者総合相談センター」とは

高齢者総合相談センターは、介護予防ケアプランと介護予防ケアマネジメントを作成するほか、葛飾区・医療機関・サービス提供事業者・ボランティアなどと協力しながら、地域の高齢者のさまざまな相談に対応する総合的な役割を担っています。



【主にどんなことをするの?】

  • 高齢者や家族、地域住民からの介護や福祉に関する相談への対応、支援
  • 介護予防ケアプランの作成、介護予防ケアマネジメント
  • ケアマネジャーへの支援やネットワークづくり
  • 高齢者に対する虐待の防止やその他の権利擁護事業


どんなスタッフがいるの?

社会福祉士

社会福祉士

高齢者の権利擁護に関する相談 など


保健師

保健師(または経験のある看護師)

介護予防ケアプランの作成や介護予防指導 など


主任ケアマネジャー

主任ケアマネジャー

事業者やケアマネジャーの支援 など



※高齢者総合相談センターは、区内に14カ所あります



介護保険の被保険者証

返却

転出や死亡などで葛飾区の被保険者でなくなった場合は、区役所2階201番福祉総合窓口まで返却してください。郵送される場合は、下記までお送りください。

送付先 〒124-8555
葛飾区立石5-13-1 葛飾区役所 福祉部介護保険課資格収納係


介護保険の被保険者証

再交付

紛失した場合などは、再交付手続きができます。

●手続き場所

・区役所2階201番 福祉総合窓口

・各区民事務所(金町・亀有・新小岩北・高砂・堀切・水元)の窓口

●手続きに必要なもの

・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証など)

・窓口に来られる方が代理人の場合は委任状(被保険者本人の署名・捺印のあるものに限る)

・被保険者の個人番号確認書類